忍者ブログ

ラフ絵雑記

愛のままにわがままに

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガール

虚淵さんが最高だとつぶやいていたので、ついつい観にいってしまった。
心のどこかで、マギカの延長的な覚悟だったのだけれど、
割と重苦しい雰囲気だった。

レイアウトが大胆で迫力があり、とてもカッコいいのでアクションが映える。
そのため実写映画というよりはアクションパートの多いアニメの印象が強い。
批評家がゲームだと表現するのはこのあたりが理由のひとつになりそう。
演技者のポージングもかなり大げさになっていて、
凄く遊び心を感じる。

しかし、シナリオの内容としてはかなりシビアで、結構後味が悪い。
映像的にも緑の強い絵が多かったり、溝の底を連想するようなわざと
人間臭さを際立たせるような汚い映像が多く、その印象に拍車をかける。
これは同監督作品のウォッチマンでもいえることで、私的には苦手。

また、映像としてどうしても迫力に欠けそうなシーンを
すべてコマ割で逃げていて、
リアルでの進行との間で落差が激しくなっていると思う。

ラストの閉めの演出が効いていて、
最終的にはメッセージ性の強い作品だったように感じられた。
音楽、シナリオ、演出、演技、それぞれで点数をつけていくと
かなり高得点になるのだけれど、自分としてはやはり、
映像に対する生理的嫌悪感やほの暗い人間臭さが気になり、
好きにはなれない作品だったなぁと、思いましたとさ。


P.S
見ていて自然と劇場アニメのBLOODを連想していたら、
なんてことはない、
キャラクターデザインが寺田克也だったというおまけ。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

pixiv

プロフィール

HN:
MAROMIRU
HP:
性別:
非公開
趣味:
お絵かき
自己紹介:
アニメ好き。
ノーランバットマン好き。レオン好き。ココロ図書館好きetc。
冷静に、けど失わずありたい。{中二
COMITIAで漫画奮闘中。
届きますように。

ツイッタ

最新記事

漫画

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ラフ絵雑記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]